女性ホルモンと似ているイソフラボンを食べ物で摂る方法

ホルモンバランスが乱れると、肌や身体に様々な症状が出てきます。
ホルモンバランスが乱れた時に有効だと言われているのが、イソフラボンです。
特に大豆の胚軸部分に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと似た化学構造を持っているため、注目を集めています。
大豆イソフラボンは、抗酸化物質です。
抗酸化物質は、細胞にダメージを与える活性酸素の働きを抑えるため、抗酸化物質を摂取することは、健康にも役立つのです。
大豆イソフラボンの特徴として有名なのが、卵胞ホルモンであるエストロゲンと似た作用です。
エストロゲンは、加齢に伴い分泌量が減少します。
エストロゲンの分泌量が減少すると、更年期障害と呼ばれる症状が出ることがあります。
更年期障害で悩んでいる女性は多いのですが、エストロゲン不足を補うことで、症状の緩和が期待できるのです。
エストロゲンを補うことは、骨粗しょう症の予防にもなります。
エストロゲンには、記憶力を高める働きがあるため、高齢者にも人気があります。
大豆イソフラボンを多く含むのが、納豆や豆腐、豆乳などの大豆製品です。
毎日の食事に大豆製品を上手に取り入れることは、美容の面でも良いことです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿