有酸素運動と無酸素運動

ダイエットの際に行おうとする運動は2種類に分けることができます。まずは有酸素運動です。エアロビクスやエアロバイク、またゆったりとしたウォーキングやスイミングなどの運動がこれに該当します。比較的ゆっくりとしたペースで体を動かすのがこの運動の特徴で、それを持続し続けることで比較的弱い力が体にかかり続けます。そのことで、体内に蓄えられている体脂肪がエネルギー源として消費されます。ですから体脂肪を燃焼したいと言う時には、この運動がぴったりです。特に20分以上継続して行うことで、より効率よく体脂肪を燃焼することができると言われています。体脂肪率が気になる方や、体への負担を考えるとあまり激しい運動は続けられないと言う方は、こちらの運動が適しています。一方の無酸素運動は、筋力トレーニングや短距離走などがこれに該当します。比較的早いペースで体を動かす運動がこれに該当し、また体にかかり続ける力が強いのも特徴です。瞬発的に強い力を必要とするため、エネルギー源として使用されるのは、脂肪ではなく筋肉にためこまれた糖質です。そのため体脂肪の燃焼効果を期待することはできませんが、筋肉を鍛えることによって基礎代謝上昇を期待できる運動です。基礎代謝が上昇すれば、それだけエネルギー消費量を大きくすることも可能です。また免疫力や体力をアップさせることにもつながります。冷え性の改善にもつながりますから、そうした点において体質を改善したい方にとっては、こちらの運動は適しています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿