有酸素運動がダイエットに良い理由

運動には有酸素と無酸素があります。
この2つのうちダイエットや健康に良いと言われているのは有酸素です。
ウォーキングや軽いジョギング、水泳などがこれにあたります。
有酸素か無酸素の違いは、筋肉にかかる負担の違いであり、有酸素はゆっくりした動きで行うので、筋肉の使用量は少なく、長時間続けることができるので、その分酸素を多く必要とします。

有酸素を行うときは、無酸素よりもより多くのエネルギーが必要となり、一定以上行うと体に蓄積されているエネルギーも消費します。
エネルギーを消費すればするほど脂肪が燃焼されるので、ダイエット効果が高まります。

20分程度有酸素を行えば体に蓄積されたエネルギーの消費が始まると言われています。
痩せることを目的に有酸素を行うときは、20分以上続けたほうが良いでしょう。
20分有酸素を続けることができるかどうか不安だという方は、無理のない程度から始めて少しずつ時間を長くとるようにしましょう。
無理なく続けることが重要です。

ウォーキングやジョギングなど外に出て有酸素を行う時間がないという方は、室内でできるエアロバイクやスクワットも有酸素なので、気軽に自宅でできるものから始めてみてはいかがでしょうか。

 

コメントは受け付けていません。

最近の投稿