有酸素運動で脂肪燃焼が始まる時間

有酸素運動とは、ウォーキングや競争を目的としないスイミング、またストレッチなどが挙げられます。体を早く動かすのではなく、比較的ゆっくりとしたペースで動かすこと。また持続的に体に、比較的弱い力をかけ続けることが特徴としては挙げられます。そしてそのエネルギー源として使用されるのは体内に蓄えられている体脂肪で、その燃焼のためには酸素が必要となります。ただし、体を動かし始めたからと言って即座に脂肪がエネルギーとして使用され始めるわけではありません。体脂肪などの脂肪細胞をエネルギーとして消費するためには、脂肪分解酵素が必要となります。この酵素は、低温では脂肪細胞を破壊、分解する力が弱く、逆に高温になり過ぎても、その熱に負けてしまってじゅうぶんに作用しないと言う性質を持っています。そのため望ましいのは、体温から1~2℃上昇したくらいの温度を保つことで、これには体を動かし始めてから20分程度の時間経過が必要だと言われています。つまり、脂肪の燃焼を目的にするのであれば、ウォーキングやストレッチなどを20分以上は継続して行う必要があると言うわけです。では20分までは何がエネルギーとして使用されているのかと言うと、これには血中の脂肪が使用されています。血中の脂肪がなくなることは、血流の促進につながり、様々な疾患の予防にもつながります。ですから20分以下の時間でも、体を動かすことは健康にとってはとても良いことです。しかしせっかく体を動かすのですから、慣れてきた頃から20分以上の時間、体を動かすようにすると、より健康に対してのメリットは大きなものになります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿