低用量ピルを使用するメリット・デメリットとは

低用量ピルとは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンのふたつの女性ホルモンが含まれている経口避妊薬です。
身体に対してホルモンを作用させることによって、排卵を制御する働きがあります。子宮頸管の粘膜を変化させることで精子を子宮に入り難くし、子宮内膜を変化させることによって受精卵を着床させにくくします。
ほぼ100%の避妊を行なうことができる避妊方法です。
避妊以外にも、月経困難症を軽減させたり、月経の周期を規則正しく28日周期にさせることができる、子宮がんのリスクを低くしたりすることができるほか、女性ホルモンの作用によってニキビの改善などの美容にもメリットがあります。
しかし、メリットだけではなくデメリットもあるため注意が必要です。
身体が慣れるまでは1〜2ヶ月ほど、軽い吐き気や頭痛、倦怠感や不正出血などの症状が出てきたり、血栓ができやすくなるた血栓症になってしまい心疾患や脳梗塞に繋がってしまうことも考えられます。ほかにも、喫煙者がピルを使用すると循環器系の病気のリスクが高くなってしまいます。
また、毎日飲む必要があるため毎月費用がかかってしまうこともデメリットとして上げられます。
メリットとデメリットを考えて、服用する場合には医師と相談することが大切です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿