低容量ピルの処方をしてもらう方法

日本ではまだまだなじみの薄い低用量ピル。
コンドームよりも高い避妊効果、月経周期の安定、PMS(月経前症候群)の軽減、ニキビの改善など、正しく服用すれば女性の身体にとって嬉しい効果が実はたくさんあるんです。
最近ではインターネットの海外通販サイトなどで手軽に購入できるようになりましたが、やはり医薬品ですので適切なクリニックに処方してもらうのが断然安心で安全です。
婦人科や内科で相談すればきちんと応じてもらえます。
人によっては低用量ピルは副作用が起こることもあります。
ピルに体が慣れるまでに吐き気や不正出血が起こる場合もあります。
ごくまれではありますが重篤な副作用としては血栓症が起こった例もあります。
そのようなリスクを避けるため初めてピルを処方してもらう際は禁忌事項に触れていないか、問診や血液検査が行われます。
服用方法もその際に説明してもらいます。
サンデースタートやデイワンスタートなど自分のライフスタイルに合わせた飲み方を相談してみて下さい。
気になるピルの金額は1シート(1か月分)1800円~3000円程度が一般的です。
1回目は血液検査代や初診料が掛かります。保険の適用外ですのであらかじめ電話等で訪ねておくといいかも知れません。
女性に嬉しい効果がたくさんのピル、信頼のおける医療機関で処方してもらい正しく服用することがおすすめです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿