低用量ピルで気をつけたい正しい飲み方について

低用量ピルの効果をあげるためには、身体にも負担のかからない正しい飲み方をすることが重要です。
何より大切なのは、必ず毎日決まった時間に決まった分量を飲むことです。ピルを飲む時間帯自体に決まりはなく、例えば就寝前や21時頃など、自由に設定して構いません。ただし、初期段階では腹痛や吐き気などの副作用が出ることもあるため、朝や昼間よりは夜間に服用した方が安心です。
ご自分が忘れにくい時間帯や、必ず服用できる時間帯を選ぶようにすることが失敗しないコツといえます。その時間帯にピルを服用しない日が続くと、不正出血などを引き起こす場合があるため、まずは忘れず飲むようにすることを心掛けます。
万が一飲み忘れた場合には、気付いたその時点で一錠飲むようにします。そして、いつも飲む時間にも同じように一錠飲みます。ピルを飲む時間に初めて飲み忘れに気付いた場合には、そこでまとめて2錠服用します。まとめて飲むことができるのは2錠までです。もし2回以上飲み忘れていた場合には、そこからまた決まった時間帯に一錠ずつ飲み進めます。そのため、最終的にピルを飲み終わる時期が遅れるというわけです。
このように、低用量ピルは決められた期間連続して服用することが大切なのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿