生理時期の悩みに効果的!低用量ピルについて

低用量ピルとは、エストロゲンとプロゲストロンという二種類の成分が少しずつ配合された錠剤で、女性のホルモンに作用する薬です。経口避妊薬とも言われ、毎日正しく服用することで体が妊娠中の状態と勘違いし排卵がストップします。ホルモンバランスが安定することで、避妊以外にも多くの副効果があります。実はピルユーザーの半数ほどの人が、生理に関する困った症状を改善すれ目的でピルを服用しているとも言われています。
まず一番大きな効果が、経血の量が減り、生理痛が軽減することです。生理期間も短くなるため、貧血になりがちな人も改善されます。PMS(月経前症候群)の頭痛・腰痛・冷えなどの身体症状、気持ちが不安定になる・イライラするなどの精神症状も、個人差はありますが緩和される場合が多いです。またそもそも生理がなかなか来なかったり、予定より早く来てしまったりして困っている人も多いと思いますが、ピルを正しく服用すれば月経周期は28日で整うため、生理不順が完全になくなります。飲み方によっては生理日をずらすこともできます。もうひとつ嬉しいことに、男性ホルモンの働きが抑えられ、ニキビや吹き出物が出にくくなります。
低用量ピルは医師との相談の上、正しく服用すれば、女性特有の生理の悩みにとても効果的です。ピルにホルモンバランスを少し手助けしてもらうことで、毎日がぐっと過ごしやすくなりますよ。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿