生理前のイライラや肌荒れが起こる理由

女性の身体、そして心の健康を司っていると言っても過言ではないのが、女性ホルモンの存在です。女性ホルモンは、おもにはふたつの種類に分類することができます。ひとつはエストロゲン、もうひとつはプロゲステロンです。それぞれ異なる役割を担っているのですが、簡潔に言うとエストロゲンは女性らしさを助ける役割を、プロゲステロンは妊娠を助けるように役割を担っています。このふたつの女性ホルモンは、通常であればエストロゲンの方がプロゲステロンよりも優位な状態にあります。しかしこれが逆転する期間があり、それが生理前の期間です。エストロゲンの女性らしさを助ける役割には、潤い保持やバリア機能保持と言った、皮膚の健康を保つと言う役割も含まれています。一方でプロゲステロンには、過剰に皮脂を分泌する、肌の角質を分厚く作用もあります。そのためこの女性ホルモンの分泌バランスが逆転する生理前になると、肌の健康が損なわれやすくなり、肌荒れがあらわれやすくなると言うわけです。また生理前になると、やたらとイライラすると言う方もいるかもしれません。これもやはり、ホルモンバランスの逆転が関係していると考えられます。エストロゲンには神経伝達物質のひとつであり、幸せや喜びと言った感情と深く関係しているセロトニンの分泌に作用する力があると言われています。エストロゲンの分泌量が低下すると、セロトニンの分泌もまた、減少する可能性が高くなると考えられます。そのため生理前には、感情が安定しにくく、イライラや憂鬱な気分を感じやすくなるのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿