パワーが弱いから回数が必要

 

家庭用脱毛器で最も重要な部分になるのがパワーです。
当然ですが家庭用になりますので業務用に比べるとパワーは小さくなっています。
そんな状況になりますので、できるだけパワーが強いものを選べないといけません。

もし家庭用脱毛器のパワーが極端に弱い場合なら以下のデメリットが発生します。
脱毛効果が薄く、使い続けてもそれほど効果を感じられない。
脇毛など毛が濃い部分には効果がなく、かといって産毛のような薄いものだとレーザーに反応しない場合が多々あります。

これらを補うためには回数が必要となってきます。
しかし回数を多くするほど肌に負担が掛かってしまうのも事実なので、できるだけ高性能の家庭用脱毛器を選んだ方がいいのです。
肌に合う合わないといったことも理由になりますが、家庭用脱毛器の性能の差によっても脱毛効果が得られた、得られていないといった個人差の効果が違ってくるのです。
本当に良い家庭用脱毛器だと業務用と遜色のないほどの性能のものがありますが、価格やランニングコストなどの問題もあります。

安物の家庭用脱毛器の多くはパワーが弱いことが多く、あまり脱毛効果が得られず回数が必要になりますから家庭用脱毛を購入する場合は性能もしっかりと見ていた方が良いでしょう。

 

コメントは受け付けていません。

最近の投稿