ネイルアートのエナメル、ジェル、スカルプ、チップ、違いはどこ?

すっかり定番となったネイルアートですが、施術の方法にはいくつかの種類があります。

最近のネイルサロンでメインとなっているのはジェルネイルです。これは一見マニキュアのような液を爪の上に載せて、紫外線で硬化させて行うものですが、マニキュアのように乾かす時間がほとんど必要ないことや、硬さのある仕上がりから地爪を保護したり、落ちにくいという利点があります。紫外線の照射器など道具を揃えれば自宅でも施術を行うことが可能です。

自宅での施術の定番はエナメルですが、これは所謂マニキュアと呼ばれるものです。
ドラッグストアなどでも取り扱いがあることで身近な存在です。費用もそれほどかかりませんが、長持ちしにくいというデメリットもあります。

アートの走りとなったのはスカルプチュアです。短い爪を伸ばすように施術ができるため、爪が割れやすく伸ばしにくい爪も他の指と揃えた長さにすることが可能です。これはアーティストの技術が最も問われる施術ですが、最近ではサービスに対応していないサロンも少なくありません。

チップは人工の爪のようなもので、爪の上にそのまま載せて接客剤などで固定するものです。アートは机の上などで作業することができるため、扱いにくい利き手への施術が必要ないという利点があります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿