急なダイエットが肉割れを引き起こす理由

太っている人が過激なダイエットを行い、急に痩せると肉割れを引き起こすことがあります。
皮膚に何本もの線が入り、それが残ったままになるため見た目的にもよくない状態となるのです。
これは、急に痩せたことで体内の細胞がダメージを受けてしまうのが理由です。
皮膚は体の変化に伴い伸縮する性質があるため、もし急に太っても、それに合わせて伸びることができます。
その反対に痩せたときは、その変化に応じて縮んでいくことが可能です。
しかし、こういった特徴がない体内の細胞は、急激な変わりようについていくことができなくなり、その影響で真皮が裂けてしまいます。
裂けた部分には傷が残ってしまいますから、それが肌の表面を通して透けて見えるようになるわけです。
ダメージを受けた範囲が広ければ広いほど、その傷が目立つ範囲も大きくなります。
また、肌の乾燥や血行不良などによって、さらに症状が酷くなる場合もあります。
これを予防して症状を抑えるためには、肌の保湿を心がけるほか血行を促進させるマッサージを行うことも大切です。
しかし、できた肉割れは簡単には消えませんので、悪化するよりも前に専用の塗り薬を塗ったり、クリニックでのレーザー治療を受けたりすることを検討していきたいです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿