心の不調に効く、マグネシウムを食べ物で摂る方法

マグネシウムの効果をご存知でしょうか。マグネシウムは4大ミネラルといわれるほど人間の身体に欠かせないものです。しかし、現代人は慢性的に不足しているといわれています。マグネシウムが不足すると、生理痛や高血圧などの症状が出たり、その度合いが強くなったりします。その他にも、うつや不安感の増大など、精神的な影響も大きいことが特徴です。ではどうやってマグネシウムを摂取すればよいのでしょうか。サプリメントに頼るのも手段ですが、あくまで栄養の摂取の基本は食事です。普段の食事で工夫できることがあれば実践していきましょう。ここからは、マグネシウムが多く含まれる食品を紹介します。まずナッツ類です。アーモンドやカシューナッツなど、おつまみとしてメジャーなナッツ類ならば簡単に手に入りますし、間食として食べることもできるでしょう。また海藻類も多く含まれています。干しひじきやわかめ、昆布、のりなどが挙げられます。これらは3食の食事の中に入れるのがよいでしょう。食事の主役にするのは難しい食材ですが、逆に言えば脇役として活躍してくれるので、毎日飽きることなく食べられるでしょう。意識していても不足しがちですから、注意して献立に入れましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿