太ももにできてしまったセルライトを自分で解消する方法

セルライトは普通の脂肪とは違い、ダイエットで体重を落とすだけではなかなか消えることのない非常に厄介な症状です。
セルライトの原因は代謝の悪さにあると言われます。
代謝が悪く老廃物や水分がうまく排出されない状態が続くと、やがて脂肪細胞に結合して大きな塊となって残ってしまいセルライトが作られるのです。
自分で解消するためには、ただ減量するだけではなく同時に代謝をアップさせ、またマッサージなどで老廃物や水分の排出を促すことも必要になります。
代謝を上げるためには適度な運動を行って筋力をアップさせることが有効です。
体内の老廃物や水分は血液の中に取り込まれて全身を巡り、やがて排出されます。
筋力が上がると血流の流れも良くなるため老廃物や水分が溜まりにくい体質をキープすることができ、セルライト対策に有効です。
セルライトがある部分を直接マッサージすることでも老廃物や水分の排出を促すことができます。
リンパ節がある部分へ老廃物や水分を流しこむようにマッサージするのがポイントで、太ももやお尻の部分であれば、脚の付け根の方へ向かって押し出すようにマッサージしましょう。
体が温まっている時に行うと更に効果的ですので、お風呂あがりなどに習慣的にマッサージするとよいでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿