肌荒れに効く、ビタミンb6を食べ物で摂る方法

ビタミンb6はセロトニンの原料であり、同時に身体の成長を促進させる役割も担う成分です。魚介類の中では、マグロやいわしには特に多く含まれるため、日本人にとっては馴染みやすい栄養です。秋の味覚のサンマにも多いですから、安い時期には積極的に食べることで、皮膚や粘膜の健康が促進します。

これらの魚類を食べるときには、ワサビなどの薬味を使うことが多いですが、ニンニクを使うことは理にかなっています。ビタミンb6が圧倒的に多いニンニクを摩り下ろして、カツオのたたきの薬味にすることは、高知県では頻繁に行われていることです。独特な臭いが気になる場合には、マグロの赤身を用意して、ニンニクと一緒に香ばしく炒めることもおすすめです。しっかりと熱を通せば、ニンニクの臭いが軽減して、ビタミンb6を効果的に摂取できるようになります。

ビタミンb6は、大豆食品の納豆にも多く含まれますから、マグロやいわしの刺身と一緒に食べることもおすすめです。マグロの刺身に挽き割り納豆を混ぜて、手軽な手巻き寿司にして食べても、ビタミンb6の摂取量を増やせます。いわしは骨ごと粉砕して、つみれ汁にして食べれば、全ての栄養を余すことなく吸収できます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿