ダイエットに効果的なストレッチのやり方と時間帯

普段から、ちょっとした動作でも、筋肉を使い、収縮するときに働くエネルギー代謝サイクルで動いております。そのエネルギーは食事から摂取した糖や脂肪です。血液によって運ばれてきますが、筋肉の収縮を繰り返すことで乳酸を蓄積し、疲労を感じることで、筋肉が硬くなるため、血液やリンパの流れが悪くなるため、ダイエットに効果的なストレッチのやり方とは、まず、硬くなった筋肉を伸ばして柔らかくします。
ストレッチは、朝起きたときと、入力後がとても効果的です。
まず、朝起きたときは軽めに1,2分のストレッチの習慣をつけることがお勧めです。仰向けに寝たまま足を肩幅よりも開いて、両手を上に向けて横に伸ばし、そこから大きく息を吸って、両手両足を遠く広げるように伸ばすことで、体も目覚め、筋肉が伸ばされるため、血液やリンパの流れが良くなって体が温まり、基礎代謝があがって、燃焼しやすい身体にすることができます。
入力後は、身体が温まり、筋肉が柔らかくなっているため、ストレッチがより効果的に働きます。まず、楽に座り、肩の力を抜いて、息を吐きながら顔を横に倒し、息を吸うタイミングで戻し、左右と前にゆっくり順番に倒すことで首のストレッチをします。次に、手のひらを組んでから空に向かって上体を伸ばし、背中のストレッチをします。次に腕を後ろに組んで胸をゆっくりストレッチをします。入力後のストレッチはとても身体が柔らかくなるため効果的です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿