デメリットはある?

 

家庭用の脱毛器があればいつでも好きな時間を利用して脱毛ができますし、サロンやクリニックと比べて費用を抑えることができるのがメリットです。
とはいえ、家庭用脱毛器にもメリットだけではなくやはり欠点もありますので、購入前はよく調査をしておきましょう。

まず、デメリットとしては効果が出るのに時間がかかることがあげられます。家庭用脱毛器も今はかなり良い商品も出ていますが、業務用のものと比べてパワーは劣りますので、同じような効果が得られるのではないことは理解しておきましょう。
そして業務用に比べて照射面積も狭いので、施術に時間がかかることもあります。

そして、背中などの体の後ろの部位はひとりで施術が難しいということもあげられます。
さらに、間違った使い方をしてしまうと火傷などのトラブルが起きてしまうこともあります。こうした脱毛器での処理はあくまで自己責任となりますので、慎重に行いましょう。

光脱毛器の場合はカートリッジの交換が必要となることもありますが、商品によっては消耗品が意外と高くついてしまうこともあります。
そして商品によってはデリケートな部位の脱毛はできないこともありますので、購入前は特徴はよく確認し、脱毛したい部位に対応しているものを選びましょう。

 

コメントは受け付けていません。

最近の投稿