脱毛の前に知りたい毛が生える仕組み

脱毛をする前に知っておきたいのが毛周期と言われる毛の生える周期です。ムダ毛に限らず身体の全ての毛は、この毛周期と言うサイクルによって生えかわっているのをご存知でしょうか。

今生えている毛は毛周期で言うと「成長期」にあたります。この期間は、肌の下の毛の先端にある毛乳頭が毛細血管から栄養を取り込むことで、毛を伸ばしていきます。そのうち肌表面を超えて伸び続けた毛はある程度のところで止まります。この後「退行期」という期間に入り、自然と毛が抜けます。例えば、髪の毛が毎日自然に抜けるというのがこの状態です。あまり気づきませんが、腕や脚の毛、眉毛、まつ毛なども抜けていきます。退行期の後は「休止期」に移行します。この期間は毛穴が休んでいる状態で毛は生えていません。休止期が終わると、また成長期へ移ります。

毛周期は部位によって期間が異なりますが、手足で3カ月程度と言われています。脱毛の施術をする場合、この毛周期のうち成長期の毛にレーザーなどの光を照射して反応させます。この光は毛の黒い色素であるメラニンと反応する性質があり、その熱で毛母細胞にダメージを与えるのがレーザー脱毛・光脱毛の仕組みです。毛がない状態では反応しません。そのため、成長期が巡ってくるサイクルを待って手足であれば3カ月に一回程度照射するのが最も効果的と言われているのです。

このような仕組みを理解することで、脱毛の施術にはある程度の期間が必要だということが分かるのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿