‘2016/05’ カテゴリーのアーカイブ

脱毛するときは自分の肌をよく知ろう

2016/05/19

脱毛するときには、自分の肌をよく知ることはとても大切なことです。脱毛方法には種類もありますから、本人の肌の状態に合わせた、ムダ毛のお手入れをしていくことが必要です。肌が弱い人が除毛クリームを使えば、肌が負けてしまって荒れることも考えられます。普段は肌は丈夫と思っていても、体調が良くない時には肌も敏感になります。

体の調子が良くないときや、女性の場合は毎月の生理の時などは、心も体も不安定になりやすくなります。体調不良は健康の問題だけではなく、お肌にもダイレクトに繋がりを持っているものです。ですから脱毛を体調がイマイチのときにすると、いつもよりも肌には痛みを感じやすくなります。肌が敏感になっていますし、抵抗力が弱くなっていますから、照射のお手入れで負けてしまうことがあります。

脱毛の照射は元気な時には問題はないですが、体調悪い時には敏感に感じやすくて、しかも肌荒れを起こす肌トラブルの心配もあります。これは生理の時も同じであり、そのために脱毛サロンなどでも、生理期間中の脱毛はあまりおすすめはしていないのです。生理が終わってから、心身ともにコンディションが良くなって、脱毛をしたほうがトラブルは少なくなります。

脱毛後は何より保湿を忘れずに

2016/05/19

女性に取って、身だしなみとしても必要なムダ毛の処理ですが、このお手入れは処理前後の肌ケアを怠ってしまうと、かえって素肌は汚い状態になってしまうので、見せられる美肌にするためにも、処理後の保湿ケアは徹底して行うことが大切です。脱毛ケアは、肌トラブルの原因ともなる肌の乾燥を進めてしまうので、処理後にはしっかりとお肌に水分を届けてあげないと、外部からの刺激を跳ね返すバリア機能も正常に働かなくなってしまい、肌の奥深くにダメージを届けてしまうことになり、表面には次々とトラブルが現れてしまいます。カミソリを使った自己処理は、目には見えていなくても薄く皮膚を削ぎ落としてしまっているものなので、特に保湿ケアは大切です。またカミソリを肌に当てる際にも、クリームや石鹸の泡などでしっかりと肌を保護したうえで行い、何度も同じ個所を剃らないなど、できるだけ肌へ与える刺激を少なくすることもポイントです。保湿ケアがしっかりとなされていないと、皮膚のザラツキやかさつき、黒ずみなどの色素沈着が起きやすくなり、肌がもともと乾燥しやすい方は、赤みや腫れ、かゆみやかぶれなども引き起こしてしまいます。処理後の肌ストレスをなくすためにも、十分に保湿ケアを行いましょう。

セルフ脱毛後にお手入れを忘れたら・・・・

2016/05/19

ホームケアでするセルフ脱毛後にお手入れを忘れたら、かなり皮膚は乾燥した状態になります。ムダ毛の処理をしたらマストなのは、必ずスキンケアをセットにするということです。セルフ脱毛とスキンケアがセットというあまたでいれば、保湿を市内なんてことはなくなります。自己処理は簡単に自宅でできますが、そのあとのケアをしないと、いろいろなトラブルを起こしやすくなります。

そんなセルフ脱毛をするかにもよりますが、簡単な方法ではカミソリでのシェービングがあります。その場合は皮膚の表面に細かい傷をつけることになります。ムダ毛はシェービングされていますが、表皮の薄いところにも、必ず傷がつきます。そのままだと皮膚は見えにくいですがめくれていますから、どんどん乾燥します。そこからは、肌トラブルのオンパレードになります。

水分保持を守るためにも大切なバリア機能は低下しますし、外部刺激にはとても弱くなります。些細な刺激でも肌荒れをお越しますし、そのうちに黒ずみやくすみも出来やすくなります。水分はしみやすくなりますし、鳥肌になることもあります。見た目の美しさは失われて、弱い肌になってしまいますから、必ずスキンケアはする必要があります。

簡単手作りできるシュガーワックス

2016/05/19

ムダ毛の処理に使える脱毛ワックスは、様々な商品が市販されていますが、ソフトタイプであれば、自宅で手軽に手作りが可能な事でも人気となっています。
作る為に必要な材料は、砂糖とレモン汁と、身近にある材料のみで良いだけでなく、食べる事が出来るものばかりで、口に入れても安全な上に肌に優しいという特徴もあります。
好みによって黒砂糖を使ったり、はちみつを混ぜたり、好みの合わせたアレンジも楽しめます。
実際に作る時の基本は、鍋に砂糖とレモン汁を入れて、飴を作る容量でかき混ぜながら煮詰めていくだけです。
細かい泡が出てきて、周りが茶色くなってきたら火を止めて、タッパや瓶に入れて冷まして完成です。
実際に脱毛を行う際は、このワックスを脱毛したい部位に塗り、その上に布やペーパーを貼り付け、布やペーパーを剥がすのと同時にムダ毛を引き抜いていきます。
作る時に重要になってくるのが、火から下ろすタイミングです。
タイミングを覚える為に最初は、色の変化が分かりやすい白砂糖を選ぶ事がお勧めです。
慣れてきたら、三温糖等、好みの砂糖を使う、はちみつを混ぜる等、アレンジを加えていくと良いでしょう。
脱毛ワックスはソフトタイプであれば手作りが可能です。

シュガーワックスで脱毛ケア

2016/05/19

脱毛ワックスにはさまざまな種類がありますが、その中でもシュガーワックスは、天然素材で作られているため安心安全で使いやすいです。頭髪以外のムダ毛なら、ほとんど使用出来るので、使い勝手が良く愛用者も非常に多いです。シュガーワックスの材料は、レモンと砂糖のみで基本は作られているので、万が一子どもが口に入れたとしても、危険なものではありません。水溶性のため、水で洗い流せばキレイに落とすことが出来ます。そして脱毛をする際は、ワックスを付ける前にベビーパウダーを付けておくと、しっかりとワックスがくっついてムダ毛が綺麗に処理出来ます。シュガーワックスを塗る時は、あまり沢山付け過ぎないように注意して行う必要があります。分厚くしてしまうと、きちんとワックスにムダ毛が絡まなくなってしまうからです。ワックスを剥がす時は、ゆっくり剥がしてしまうと数本毛が残っていたりと、キレイに処理できない場合があります。そのため剥がす時は、いっぺんに剥がすことが大切です。処理後は冷たいタオルを使って、開いた毛穴を引き締めてあげると、炎症が防げます。シュガーワックスは水でちゃんと落とせるので、石鹸などを使って洗う必要はありません。こうしたケアをしてあげることで、綺麗なツルツルの肌を手に入れることが出来ます。

脱毛処理後のケアは必須!

2016/05/19

除毛クリームでムダ毛を脱毛した後のケアは重要です。「肌が綺麗になった!」と喜んでいても、翌日になるとガサガサしていたり、熱を持っていることがあります。これは市販されている除毛クリームはアルカリ性なのですが、たんぱく質で作られているムダ毛を溶かして洗い流すので、ムダ毛と同じようにたんぱく質で出来ている肌にも肌に強い刺激を与えてしまうのです。そのため、脱毛後もそのままにしておくと肌荒れしてしまう可能性があります。細菌では保湿成分の配合されている除毛クリームも増えてきましたが、それでも肌に強い刺激を与えていることには違いありません。特に敏感肌の人は健康な人よりも除毛クリームの影響を受けてしまいやすいため、除毛クリームを使った後は化粧水などでたっぷりと水分を与えた後にクリームでその水分が蒸発するのを防ぎ、保湿することを忘れないようにしましょう。また、保湿の前には肌にクリームが残っていないかの確認もしっかりと行いましょう。つるつるになったと思っていたら、肌にクリームが残っていただけというケースもあります。洗い残しの内容にしてから、しっかりと保湿を行うことで、綺麗な肌を保つことが出来るようになります。

カミソリを使うと毛が太くなるのはウソ?ホント?

2016/05/19

カミソリを使ってムダ毛を剃ると毛が太くなる、というのはよく聞く話です。
そのように感じる人がいるから噂として広がるのでしょうが、実際にはそんなことはなく、鋭い刃先で横に剃るため断面ができ、その面積が大きく見えるのが原因で太く感じてしまうだけです。
通常生えている毛というものは先端が細く尖っているので、見た目にはすごく細い毛だと思いがちです。
それがカミソリによって断面が作られたあと、すぐにまた新しい毛が生えてくることで、太くなったと錯覚してしまうわけです。
とはいえ肌への刺激によって体の保護能力が働き力強く毛が生えてくることがあり、その場合は多少太くなるようですが、それも微々たる変化だと言えます。
また、ホルモンバランスの乱れや肉中心の食生活などでも毛の太さは急に変化することがあるため、そのケースでも本当に太くなることはありますが、これも大した変化ではないです。
これらの点を覚えておけば、カミソリ使用後に毛が太くなったように見えるからといって慌てることもなくなるでしょう。
そんなカミソリを使って自己処理する際は、できるだけ肌への負担を避けるよう事前に肌を温めたり、毛の生える方向に向けて一気に剃ったりするほか、処理後は乾燥を予防するため保湿を心がけることも大切です。

正しいカミソリの脱毛

2016/05/19

カミソリは価格もリーズナブルで、購入しやすいという事もあり、ほとんどの女性が使った事があるでしょう。
サッと自己処理できる手軽さが魅力のカミソリですが、正しい使い方をしなければ、肌への負担が大きくなり肌トラブルを起こしやすくなります。
ここでは正しいカミソリ処理方法を、紹介したいと思います。

除毛をお風呂場で行う女性も少なくありません。
この時、カミソリの刃の滑りを良くする為、石鹸やボディソープを泡立ててクッション代わりにしてしまいがちですが、この方法はNGです。
石鹸やボディソープには皮脂を落とす、洗浄成分が含まれています。
この上から除毛してしまうと、肌に必要な皮脂や水分を失ってしまいやすいのです。
除毛する際は石鹸やボディソープではなく、専用のシェービングクリームやボディクリームなどで、肌に直接カミソリの刃がつかないようにしましょう。

この他にも逆さ剃りは、行わないという事も肌トラブルの予防に繋がります。
よりキレイにムダ毛を剃ろうとして、ついつい逆さ剃りをしてしまいがちです。
ですが、逆さ剃りをしてしまうと深剃りとなってしまい、角質層まで一緒にそぎ落としてしまうのです。
角質のキメが乱れると乾燥や、肌のバリア機能の低下を引き起こします。
カミソリはムダ毛の流れに沿って、滑らせるようにしましょう。

脱毛の前に知りたい毛が生える仕組み

2016/05/19

脱毛をする前に知っておきたいのが毛周期と言われる毛の生える周期です。ムダ毛に限らず身体の全ての毛は、この毛周期と言うサイクルによって生えかわっているのをご存知でしょうか。

今生えている毛は毛周期で言うと「成長期」にあたります。この期間は、肌の下の毛の先端にある毛乳頭が毛細血管から栄養を取り込むことで、毛を伸ばしていきます。そのうち肌表面を超えて伸び続けた毛はある程度のところで止まります。この後「退行期」という期間に入り、自然と毛が抜けます。例えば、髪の毛が毎日自然に抜けるというのがこの状態です。あまり気づきませんが、腕や脚の毛、眉毛、まつ毛なども抜けていきます。退行期の後は「休止期」に移行します。この期間は毛穴が休んでいる状態で毛は生えていません。休止期が終わると、また成長期へ移ります。

毛周期は部位によって期間が異なりますが、手足で3カ月程度と言われています。脱毛の施術をする場合、この毛周期のうち成長期の毛にレーザーなどの光を照射して反応させます。この光は毛の黒い色素であるメラニンと反応する性質があり、その熱で毛母細胞にダメージを与えるのがレーザー脱毛・光脱毛の仕組みです。毛がない状態では反応しません。そのため、成長期が巡ってくるサイクルを待って手足であれば3カ月に一回程度照射するのが最も効果的と言われているのです。

このような仕組みを理解することで、脱毛の施術にはある程度の期間が必要だということが分かるのではないでしょうか。

時間もお金もかけたくないなら自分で出来るセルフ脱毛!

2016/05/19

夏はもちろん、服で身体が隠れる冬にもムダ毛を処理するのは常識になっています。女子力を損なわないためにも、普段からムダ毛処理をする必要があります。ただ、美容サロンなどに行くとお金がかかってしまいますし、サロンでは予約をしなければならないなと時間も手間もかかってしまいます。自宅でお金をかけずに脱毛する方法が、セルフ脱毛です。実はセルフ脱毛でも家庭用脱毛器を使って丁寧に行えば、美容サロンに通ったように美しく仕上げることができます。今まではサロンに行かなければ施術を受けることができなかった光脱毛やレーザー脱毛の家庭用脱毛器が販売されるようになりました。日本人の肌は外国人の肌に比べてキメが整っていて繊細ですが、それらの家庭用脱毛器は出力レベルが日本人向けの肌用になっているので、肌をいためることなく美しく脱毛することができます。セルフ脱毛であれば、家でテレビを見ながらすることもできますし、脱毛した後はゆっくりお風呂に入ってリラックスすることができます。脱毛器を一度購入すれば、故障しない限りずっと使うことができるので、お金の節約にもなります。ムダ毛が残っていれば、いくら綺麗に化粧をして、おしゃれな服を着ても台無しです。常にケアをして、女子力アップを目指しましょう。

最近の投稿