‘2016/01’ カテゴリーのアーカイブ

パワーが弱いから回数が必要

2016/01/26

 

家庭用脱毛器で最も重要な部分になるのがパワーです。
当然ですが家庭用になりますので業務用に比べるとパワーは小さくなっています。
そんな状況になりますので、できるだけパワーが強いものを選べないといけません。

もし家庭用脱毛器のパワーが極端に弱い場合なら以下のデメリットが発生します。
脱毛効果が薄く、使い続けてもそれほど効果を感じられない。
脇毛など毛が濃い部分には効果がなく、かといって産毛のような薄いものだとレーザーに反応しない場合が多々あります。

これらを補うためには回数が必要となってきます。
しかし回数を多くするほど肌に負担が掛かってしまうのも事実なので、できるだけ高性能の家庭用脱毛器を選んだ方がいいのです。
肌に合う合わないといったことも理由になりますが、家庭用脱毛器の性能の差によっても脱毛効果が得られた、得られていないといった個人差の効果が違ってくるのです。
本当に良い家庭用脱毛器だと業務用と遜色のないほどの性能のものがありますが、価格やランニングコストなどの問題もあります。

安物の家庭用脱毛器の多くはパワーが弱いことが多く、あまり脱毛効果が得られず回数が必要になりますから家庭用脱毛を購入する場合は性能もしっかりと見ていた方が良いでしょう。

 

手がとどかない!どうする?

2016/01/26

 

家庭用脱毛器は最近はかなり高品質な商品が登場しており、自宅でも質の良い脱毛が実現できるようになっています。
費用も安く済む、サロンに通う手間がないということもメリットと言えるでしょう。
最近は光脱毛やレーザー脱毛ができる機器が人気となっていますが、この場合も脱毛サロンと同じように、あらかじめ肌の表面に出ている毛は剃っておき、毛根部分に反応させるように照射していきます。

そして照射を繰り返して行うことでムダ毛がだんだんと薄く目立たなくなっていきます。
家庭用脱毛器の施術は基本的に自分で行うこととなりますが、やはりやりにくい部位もあります。
こうした脱毛器はほぼ全身に対応しており、手が届く部分なら問題なく照射を行うことができますが、背中、うなじなどはやはり手が届きにくく、きれいに処理することが難しいと言えます。

そして照射前にはシェービングも行わなくてはいけませんが、きれいに剃れないことで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
やりにくい部位は他の人に行ってもらうという方法もありますし、脱毛サロンは部分脱毛にも対応してくれますので、どうしても照射が難しい、処理が難しいという場合はそうした部位だけをプロの施術で対応するという方法もあります。

 

自分でやるからこそ・・・打ち漏れ

2016/01/26

家庭用脱毛器でもフラッシュ方式がポピュラーになり、自宅で手軽に脱毛処理ができるようになりました。ハンドピースを肌にあてスイッチを押すと選択光が点滅し、毛根を焼き切っていく点ではサロンのものと同じです。出力レベルも調整でき、連射方式も導入されるなど仕様も向上しています。ただ自分でやる際発生しがちなのが打ち漏れです。これには2つ原因があり、ひとつは機器をずらしていくときにすきまができてしまうことです。またもうひとつは照射面が体のカーブに沿っていないため、特に端のところがきちんと打てていない事で起こる問題です。打ち漏れを防ぐためにはまず自分で事前にシェービングをして、同じ長さにムダ毛を揃えておくことが必要です。これにより光が均一に拡散し、効率があがります。また部位にみあったカートリッジを使用するようにし、十分に強くあてながら慎重にずらしていきます。高熱をあてているので、同じ部位に何度も連続して照射することは肌に負担がかかりすぎます。出力レベルをあげれば、毛根を破壊する力も強くなりますが、敏感な部位などを処理する際には度数を下げるよりも、あらかじめ保冷剤などで肌を冷却しておき、手早く高レベルで処理するほうが効果的です。

初期投資・・・結構高い?

2016/01/26

 

近頃家電量販店でも気軽に購入できるようになった家庭用脱毛器。好きなときに気軽にお得に脱毛できるということが人気でご自身で脱毛器を使って脱毛をしている方が増えていますが、家庭用脱毛器での脱毛とエステでの脱毛、どちらが良いのでしょうか。

・家庭用脱毛器は高額
自分で脱毛ができるようになるということで脱毛エステに通うよりお得に脱毛できると考える方が多いですが、意外と家庭用脱毛器は高額です。様々な値段のものがありますが1台あたり大体1万円〜数十万円かかってしまいます。安い値段のものを購入しても当然つくりがシンプルなものなので、壊れやすかったり保証期間が短かったり効果が薄かったりします。本当に効果がある脱毛器を選ぶとすれば、結局はエステに通うのと変わらないくらいの値段の脱毛器を購入しなければならなくなる恐れがあるので要注意です。

・セルフ脱毛の限界
エステで受ける脱毛は研修を受け確実なスキルを身につけたエステティシャン達がプロ仕様の脱毛器で施術をしてくれます。そのため、エステでの脱毛はしっかり効果を感じることができきれいな仕上がりを期待できますが、家庭用脱毛器での脱毛はエステと同じ効果・仕上がりの全身脱毛を必ず行えるわけではありません。
たとえ家庭用脱毛器の機能が優れていても、背中など手の届きにくいところは自分では施術がしにくいですし、説明書を読んだだけでプロの指導も無しで完璧な施術が行うことは難しいでしょう。

好きなときに気軽にお得に行えるというメリットを持った家庭用脱毛器ですが、コストがかかるということとセルフ脱毛には限界があるというデメリットも考慮しなければなりません。

 

デメリットはある?

2016/01/26

 

家庭用の脱毛器があればいつでも好きな時間を利用して脱毛ができますし、サロンやクリニックと比べて費用を抑えることができるのがメリットです。
とはいえ、家庭用脱毛器にもメリットだけではなくやはり欠点もありますので、購入前はよく調査をしておきましょう。

まず、デメリットとしては効果が出るのに時間がかかることがあげられます。家庭用脱毛器も今はかなり良い商品も出ていますが、業務用のものと比べてパワーは劣りますので、同じような効果が得られるのではないことは理解しておきましょう。
そして業務用に比べて照射面積も狭いので、施術に時間がかかることもあります。

そして、背中などの体の後ろの部位はひとりで施術が難しいということもあげられます。
さらに、間違った使い方をしてしまうと火傷などのトラブルが起きてしまうこともあります。こうした脱毛器での処理はあくまで自己責任となりますので、慎重に行いましょう。

光脱毛器の場合はカートリッジの交換が必要となることもありますが、商品によっては消耗品が意外と高くついてしまうこともあります。
そして商品によってはデリケートな部位の脱毛はできないこともありますので、購入前は特徴はよく確認し、脱毛したい部位に対応しているものを選びましょう。

 

外出いらず!すぐ綺麗

2016/01/26

 

自宅でする脱毛方法には様々ありますが、その中でも家庭用脱毛器は非常に脱毛効果が高くメリットの多い方法の一つです。

脱毛サロンや美容クリニックで脱毛すると考えたら、完全に脱毛が終了するまである一定期間は通い続けなければいけません。
特に脱毛サロンの場合は非常に時間がかかり、場合によっては2~5年程通わないと終わらず、その分費用もかかります。

家庭用脱毛器は、一度購入してしまえばいつでも好きな時に気になる部分のムダ毛をすぐ処理することができます。
どこかに通う必要もないので、時間の無駄がないというのもメリットです。

また、デリケートな部分であるVIO脱毛の処理であっても、誰かに見られることなく気軽に一人でできるので、いくら女性スタッフでプロであっても他人にデリケートゾーンを見られるのは恥ずかしいという人にもおすすめと言えます。

それ以外に、家庭用脱毛器の機種によってはヘッドを交換すれば美顔器として使用できたり、美容クリニックでのレーザー脱毛や脱毛サロンでのフラッシュ脱毛などを支度にいながら体験できるという良い点もあります。

カミソリや毛抜き、脱毛ワックスなどの方法に比べても確実に脱毛効果の高い脱毛法ですので、興味のある人は一度購入を考えてみてはいかがでしょうか。

 

全身自分で!だから恥ずかしくない

2016/01/26

 

脱毛をしようと考えたとき、脱毛サロンや美容クリニックでの施術の方がしっかりと処理できると思われますが、部位によっては恥ずかしいこともあります。

特にVIO脱毛は普段他人には見られないところを処理するのですから、中にはいくらプロであっても他人にデリケートゾーンのムダ毛を処理してもらうのは恥ずかしいし、抵抗があるという人も多いことでしょう。

では、恥ずかしくない脱毛方法はあるのでしょうか。

自宅で自己処理による方法なら恥ずかしい思いをすることはありませんが、手軽な毛抜きやカミソリでは、十分にムダ毛を処理することができずに中途半端に終わってしまいます。

自宅で脱毛サロンや美容クリニックに近い脱毛効果を得たいのであれば、家庭用脱毛器の購入をおすすめします。

家庭用脱毛器は様々な方式に分かれていますが、脱毛サロンで採用しているフラッシュ方式や美容クリニックでの脱毛法であるレーザー方式など様々あり、毛抜きやカミソリよりも高い脱毛効果が得られます。

そして、VIOなどのデリケートゾーンの処理も、自分でやるので恥ずかしくないというのが最大のメリットです。
VIO脱毛はしたいけど、人に見られるのは恥ずかしいという人は、ぜひ家庭用脱毛器を試してみてはいかがでしょうか。

 

いつでもお家で綺麗になれる!

2016/01/26

 

脱毛は専門のサロンで行っている人も多いですが、忙しさなどでサロンに通う時間が取れないという人もあるのではないでしょうか。
そういった場合には家庭用脱毛器の利用も検討してみましょう。

以前は毛を抜き取るだけなどのシンプルなものも多かったですが、今は光やレーザーで脱毛できる機種も登場しています。

家庭用脱毛器があれば、自宅でいつでも好きな時間に脱毛ができ、予約不要なので、それぞれのペースに合わせて施術が行なえます。

さらにメリットとしては、脱毛サロンやクリニックを選ぶよりもかなり費用が抑えられることもあげられます。機器は数万円程度の購入費が必要ですが、その後はカートリッジなどの消耗品の購入費用ぐらいで済みますし、正しく使えばかなり長期に愛用していくこともできます。

そして人にしてもらうのに抵抗がある部分も自分で行えるということもメリットしてあげられます。
機器によっては美顔機能もついていますので、脱毛だけではなくスキンケアにも役立てることができます。

最近は様々な商品が販売されていますが、肌への優しさ、脱毛効果の高さ、安全性、操作性の良さなどは機種により違いがありますので、特徴はよく調べておきできるだけ質の良い脱毛器を選びましょう。

 

いつ買う?購入してよかったこと

2016/01/26

 

家庭で行える脱毛方法も多くの種類がありますが、脱毛クリームやシェーバーは便利なものの、効果は一時的なものです。
そこで脱毛サロンやクリニックに通う人も多くなっていますが、最近では家庭用脱毛器もかなり高性能なものが登場しており、家庭でもサロンに近い品質の脱毛が行えるようになっています。

市販の家庭用脱毛器の購入のメリットは、まず、家庭でいながら、サロンのようなフラッシュ脱毛、レーザー脱毛が行えることにあります。
そして、こうした脱毛器は照射も一瞬だけですので、痛みも少なく、薬剤も必要ありませんので、肌への負担もかなり抑えられています。
ワックスや脱毛クリームの場合は一時的な効果ですので、すぐに毛が伸びてくる、短期間に施術を繰り返さなくてはいけませんが、脱毛器の場合は照射を繰り返すごとに毛が目立たなくなっていきます。

購入のときは、それなりに費用も必要ですが、その後は消耗品の購入費ぐらいですので、長く利用することを考えるとコストパフォーマンスにも優れています。

忙しさなどで定期的にサロンやクリニックに通うことが難しいという場合もそれぞれに合うペースで好きな時間を利用して脱毛ができますし、追加費用の必要もなく何度でも納得できるまで行うことができます。

 

自宅で綺麗に!家庭用脱毛器の魅力

2016/01/26

キレイに脱毛したいというのであれば、最近では脱毛エステも大分低価格になっているので通いやすくはなっていますが、時間があまり作れなくて営業時間になかなか足を運ぶ事が出来ない、自宅で自分で処理が出来る方がリラックスできる、などといった人達もいて自宅で自己処理をし続けている人も大勢います。
そんな自己処理派の人たちにオススメの脱毛方法が、家庭用脱毛器を用いた脱毛処理方法です。
カミソリや毛抜き等なら安上がりで済ませる事が可能であるのに、どうしてわざわざ高いお金を払ってまで家庭用脱毛器が良いのか、その魅力について簡単に紹介します。
家庭用脱毛器の場合は、エステと同じ脱毛方法が自宅で自分で行う事が出来、カミソリなどよりも高い脱毛効果が期待できます。
また、購入にかかる費用は確かに他の方法と比べて高額になりますが、一度購入すればかなりの回数分が出来るようになっているために、実質的な一回当たりのコストはそれほど高額という訳では無いです。
そして、一度購入してしまえばあとは自分の好きな時間に好きな回数だけそれ以上お金をかけずに脱毛する事が出来、脱毛エステと同じ脱毛方式でありながら、脱毛エステのように部位別や回数毎に費用が発生する事もないです。

最近の投稿