‘2015/09’ カテゴリーのアーカイブ

コーヒーフィルターとコップだけ!簡易加湿器の作り方

2015/09/24

感想のなる季節になると、加湿器は必須アイテムです。
しかし乾燥する季節が過ぎると加湿器は高いし、なにより置き場所に困ってしまいます。
また、リビングに書斎に寝室といろんな箇所に加湿器が必要になります。
そんなにいっぱい加湿器を用意したくない人も多いです。
そこで、簡単に加湿器を手作りできちゃう方法をご紹介しいます。
用意するものは、コップとコーヒーフィルターだけです!
コーヒーフィルターをふんわり広がる程度の量を、水の入ったコップに差し込みます。
それだけで加湿器の出来上がりです。
加湿が必要ない季節には、フィルターを捨ててしまえばOKなんです。
仕組みは、コーヒーフィルターが水を吸い上げて蒸発させる簡単なものです。
空気に触れる表面積が広いほど、水の蒸発がはやくなります。
それだけ加湿の効果が上がるということです。
なので、大きめの容器にたくさんのフィルターを入れればそれだけ加湿されます。
その分、蒸発も早くなるので水を足すのも忘れてはいけないです。
コップは、水の減りが分かりやすく見えやすいものが便利です。
100円で売ってるものを使えば、フィルターとコップで200円程度でできてしまいます。
フィルターが変色してきたら交換のサインです。

濡らしたバスタオルを部屋にかけて加湿しよう!

2015/09/24

 

空気が乾燥するとお肌はカサつきがちで、喉や鼻などの粘膜へも悪影響を及ぼします。空気の湿度を高めるには加湿器使用するのが、一番良い方法です。しかしわざわざ高価な加湿器を購入しなくても、お部屋を簡単に加湿状態を再現できるアイデアがあります。一番手軽でお金もかからないアイデアは、濡れたタオルを室内に干しておけば湿気で、お部屋が適度に潤い過度な乾燥状態から解消されるとされています。この場合タオルの面積は大きければ大きいほど、加湿効果が増すのでバスタオルなどを部屋干しするのは最高の良いアイデアです。また適当なプラスティック容器に水を張り、その中にタオルを建てておけば簡易加湿器の完成です。この方法なら完全に乾くまで時間がかかるので、長時間加湿状態を保つことが可能です。また蒸気で加湿する方法としては、やかんやお鍋でお湯を沸かすというのも1つのアイデアです。沸騰した水蒸気により、室内に適度な湿度が保たれます。冬場の寒い季節にストーブの上でやかんを沸かし、加湿器代わりにしていたのはその理由からだったのです。その他にもお風呂のお湯を張ったままドアを開けておく方法や、部屋にいる時は常にマスクを装着するなど実に様々なアイデアが満載です。

 

身近ににあるものでできる!簡易加湿器の作り方

2015/09/24

 

加湿器を買わなくてもおうちにある身近なもので簡易的に手作りできるのをご存知でしょうか?

まず最も簡単な方法は、水に濡らしたバスタオルを部屋に干しておくことです。また濡れタオルに布用芳香剤などをかけておくと、いい香りが漂ってきので気分も快適になります。濡れタオルをエアコンの吸気口に掛けておくと部屋全体が効率良く加湿できます。
洗濯物を部屋に干しておくだけでも加湿効果があります。

またバケツなどに水を入れ丸めた新聞紙を挿しておくのも効果的です。

部屋で鍋物をしたり、やかんでお湯を沸かすだけでも加湿効果がありますが電気ポットのふたを閉めずに使用することでも除湿機になります。ただしお湯が沸騰するので音が気になるかもしれません。

少しオシャレな加湿器を作りたい場合はコーヒーフィルターを使用するといいです。
まずコーヒーフィルターを数枚ハリセンのように蛇腹に折ります、そして底の部分は切り離し上の部分は好きな形に切ります。
底の部分をねじって輪ゴムや紐などでとめます、そして上の部分を花のように広げます。

そうやって作ったものをお好みの容器に水を入れて浮かべます。水を入れる容器は底が浅いものを選ぶと花の部分がきちんと広がるので加湿効果が高まります。
また同じやり方でフェルトを使うとカラフルになってさらにオシャレになります。

 

正しいマスク加湿方法

2015/09/24

近年、一年を通してエアコンを使うことも多く、常に乾燥した環境下におかれている方も少なくありません。乾燥は女性に取っては何よりもの大敵で、お肌をどんどん老化させてしまいます。また体にも良くないので、特に呼吸器である喉を守れるようにマスクを習慣にすることをお勧めします。マスクは、風邪や花粉症の時に使用するだけではなく、部屋の中で乾燥するなという時にも最適で、低コストでしっかりと喉を守ってくれます。装着するうえで守らなければならないのは、鼻もしっかりとふさぐことで、息苦しいからと口だけを覆っていても、隙間から飛沫やウイルスなどは入ってきてしまうし、何より加湿になりません。最近の使い捨てマスクは、鼻のラインに柔らかいワイヤーが内蔵されており、自分の鼻の形に折り曲げて使えばジャストフィットするので、それほど圧迫感もありません。どんな安いマスクでも、しっかりと口と鼻を防げば加湿はできるので、夏場にドライでエアコンをつける時にも装着しておきましょう。就寝時も付けることを習慣にすれば、口が開いていても喉が乾くことがなく、朝起きて喉がいたいという失敗は防げます。加湿器は部屋がじめじめしたりカビの原因となりますが、マスクなら全く問題なしです。

お部屋に霧吹きして加湿しよう

2015/09/24

肌に一番必要なことは保湿です。
そのために、お部屋が乾燥していることは肌には大敵な出来事です。
しかし、いつも肌にパックや化粧水を切らさずに付けていることは無理がでてきます。
まず、お部屋の中の乾燥を予防することが大事になります。
湿度計で、いつも湿度が50%以下にならないようにできれば60%が最適です。
その乾燥予防に、活躍するのが霧吹きです。
これは、どこでも買うことができ手軽な乾燥予防に役立ちます。
お部屋の中で、面積が大きくなるのはカーテンです。
ここに、霧吹きで水分をかけることで乾燥を防ぐ効果がでてきます。
この霧吹きの水の中に、数滴アロマオイルを入れると香りもよくなりリラックス効果も生まれます。
カーテンだけでなく、洗濯物を部屋干しすることも乾燥には効果的です。
肌は、自分が考えている以上に乾燥しやすいものです。
環境を、このように変えるだけでも肌には保湿効果がでてきます。
加湿は、肌だけでなく喉や鼻にもいいものです。
乾燥を防ぐことで、風邪などのウィルスも予防することができます。
いつもカーテンに、霧吹きをするのなら清潔に維持していくことも大事です。
洗濯をしたときには、そのままお部屋の中に吊るすことで大丈夫です。

 

浴槽にお湯を張って扉を開放しておくだけで加湿できる!

2015/09/24

乾燥が気になっているときには、浴槽にお湯を張って開放しておくだけでも保湿を行えるようになってきます。
乾燥が酷くお肌が荒れてしまったり、喉に痛みを感じてしまった時には、加湿器を使ったりしますが、もっと簡単に保湿できる方法としてお風呂を活用すると便利になってきます。
お風呂に入る時には、湯船に一杯にお湯をいれておくことで、部屋全体に湯気が漂うようになってきますが、その結果として加湿器を使う必要なく保湿を行えるようになってくるのです。
浴室を開放しておくだけでも、お肌をしっとりとした状態に変えていくことができますし、乾燥の悩みを感じていた方も、その状態から解放されるようになってくるでしょう。
肌や喉の状態が気になるときに、浴室を開放しておくと効果的になってきますが、カビが繁殖しないように気をつけるようにしましょう。
浴室の中の湿度が高くなってくることにより、カビが繁殖しやすい状態になってくるのですが、その状態のままで過ごしていると、カビの胞子も室内に流入しやすくなってしまいます。
健康面についても考えたときには、カビが繁殖しないように、こまめに掃除を行って健康への影響についても気を使ってみるとよいでしょう。

室内でお湯を沸かして乾燥を防ごう!

2015/09/24

室内の乾燥を防ぐために、部屋でお湯を沸かす知恵が昔から役立てられてきました。最近では家屋の気密性が増したことで、昔よりも室内が乾燥しやすい環境となっています。そのため、伝統的な知恵も使いながら乾燥を防ぐことが大切です。ストーブの上にヤカンをのせておくだけでも、蒸気によって室内を潤すことができます。同時に部屋も温まりますから、一石二鳥の効果を得ることができます。

野菜を茹でるためにお湯を沸かすことも、一石二鳥になる知恵です。冬であれば白菜や大根などを茹でることで、部屋の中の湿度を高めることができます。鍋料理を作るためにお湯を沸かすことも、昔からある伝統です。お湯を沸かすことで発生する蒸気は自然のもので、体にとっても優しいのが特徴です。じんわりと蒸気を増やすことになりますから、室内の変化も緩やかに行える利点があります。

乾燥させると様々な弊害が出てきますが、部屋でお湯を作ることをすれば解決できます。日頃からお茶を飲む習慣がある人は、同時に部屋の湿度も調整できることに気づくはずです。少なくとも三回の食事のために煮炊きをすれば、部屋が過度に乾燥する心配がなくなります。台所ではなくても、工夫をしてヤカンを使えば蒸気が満遍なく行き渡ります。

 

洗濯物を部屋干しして乾燥を防ごう!

2015/09/24

感想はお肌にとって大敵です。それを防ぐために保湿効果の高い化粧品を使うのはもちろん、お肌の内側から潤うように食事やサプリメントで必要な栄養素を補給する人は多いでしょう。これらの方法で乾燥をある程度は防げますが、どうしても避けられないことがあります。それが季節です。
日本では秋から冬にかけて大変乾燥します。それに加えてエアコンによってさらに空気は乾燥、そこで対策として加湿器などを用いるケースが多いのです。しかし、一人暮らしで加湿器は持てない、そんな人も多いでしょう。そんな時に役に立つのが洗濯物の部屋干しです。
洗濯物の部屋干しというと嫌なにおいが付くことがあるので避けられがちですが、実は乾燥対策にはもってこいなのです。ちょっとした乾燥程度であればこの方法で簡単に解決します。特にエアコンの暖房が効いた部屋であれば暖かいですし、乾燥していると洗濯物の乾燥にはもってこいなのです。
洗濯物がある場合は部屋に干しておくだけでいいですし、もしないとしたら濡れたバスタオルを置いておくだけでも部屋の湿度はぐっとあげることができます。加湿器のように水を補給する必要もないですし、洗濯物も乾いてしかも肌が潤うと部屋干しは一石二鳥なのです。

加湿器なしで乾燥を防ぐ方法

2015/09/24

乾燥した部屋に長くいると体調を崩しやすくなるほか、肌も乾いてうるおいが足りなくなってしまいます。
加湿器があれば湿度を上げることはできますが、電気代が心配です。
そんな加湿器がなくても、簡単に乾燥を防ぐ方法はいくらでも存在します。
まず部屋の中に濡れたものを干すという方法で、濡らして軽く絞ったタオルや、洗濯が終わったあとの洗濯物を干すだけでも効果があります。
普通の洗剤だけで洗った物は部屋に干していると生乾きでイヤなにおいになることがあるため、その予防として、部屋干し用の柔軟剤などを使用すると安心です。
また、お風呂の浴槽に水が入ったままにして、浴室のドアを開けっ放しにするのもよい方法です。
わざわざ水をはらなくても、入浴したあと流さずにそのまま放置するだけでよいのです。
浴室の蒸気が次第にほかの室内にも行き渡って、乾燥している部屋に湿度を与えてくれます。
そのほかには、コップなどの容器に水を入れて置いておくだけという方法もあります。
お風呂の蒸気と同じ原理で、容器の中の水が蒸発することで乾燥を予防してくれるのです。
すぐに効果を得たい場合は、自分の近くに置いておくと湿度を感じやすくなります。
加湿器を使わなくても、アイデア次第でお金をかけずに賢く乾燥対策ができます。

オフィスのクーラーが寒い!室内乾燥を避ける方法

2015/09/24

クーラーを使用すると乾燥してしまい肌がカサカサになってしまいますが、工夫することで肌の状態を悪化させないようにすることが出来ます。まず朝起きたら洗顔の際に出来るだけ皮脂を取り過ぎないようにする為に石鹸などを使った洗顔をしないようにすることが大事です。そして洗顔後に化粧水や乳液できちんと水分保持が出来るようにしておくことが大事です。またオフィスのクーラーで乾燥が進んでしまう感じの場合は休憩どきなどにさっぱりとした化粧水やミストスプレーなどを利用して潤いを与えてあげることが大事です。室内の乾燥が進んでいるなと感じた場合は濡れたタオルや加湿器などを利用することもいい方法です。また直接吹き出し口から風が当たってしまうような場所だとさらに肌によくないので、向きを変えて防ぐのも大事なことです。温度を高めにするなどの工夫も必要になってきます。気になる症状が出た時にすぐにケア出来る乳液や化粧水があることが大変重要です。何回使っても肌にトラブルが出ないようにする為に低刺激のものを使っていくことが大事です。保湿力が高くて低刺激のものは商品の比較サイトで確認することが出来るのでより効果の高いものを選んでいくことが大事です。

最近の投稿